MENU

照れくさい膣ナラ(ちなら)を予防するやり方

いたたまれない膣ナラ(ちなら)を予防する計画

 

セックスの最中におならという音色が鳴ってしまい、甚だ気まずい狙いをしたストックは一度はあると思います。

 

おならが出てしまったのかといった勘違いする紳士もいますが、セックス中頃のその音色はおならではありません。

 

そのおならという音色の原因は『膣ナラ(ちなら)』と言います。

 

ラブグラ,通販,即日,市販,効果,副作用,ちなら

 

膣ナラは
膣ナラは膣から感覚が出るおならということだ。膣ナラは、体外から膣に入ってしまった感覚だ。

 

カラダで生成されて肛門から出るおならは臭いですが、膣ナラにはニオイはありません。

 

おならという音色が鳴ってしまうのは、膣に入ってしまった感覚がピストンエクササイズにて勢い良く出てしまうためです。

 

 

膣ナラが起こり易い体勢

膣ナラにはニオイはありませんが、無意識に音色が鳴ってしまうことがあります。男性には膣ナラに知識がないお客もいるため、おならという勘違いされると困ります。

 

膣ナラは膣に感覚が入って最近うといった起こり易くなります。快くなってきた場合膣ナラは出やすくなります。

 

また、膣ナラは分娩ストックのある女性が困り易い身なりだ。

 

 

膣ナラに耐えるお客は膣ナラが起こり易いと言われている体勢を避けてセックスください。
・後背そば
・スムーズそば
・位置づけそば

 

こういう3つの体勢は膣に感覚が入りやすい体勢になります。

 

前もって、後背位はパートナーがお尻に戦法を置いた場合入り易くなります。スムーズそばって位置づけ位は両足を開いた場合膣が解き放ち感覚が入り易くなります。

 

気力が盛り上がってきたとたまに、膣内にバルーンことが発生して感覚が溜まり易くなることで膣ナラが起こり易くなります。

 

ラブグラ,通販,即日,市販,効果,副作用,ちなら

 

 

膣ナラを防ぐテクニック

膣ナラが起こり易い体勢を避けても、膣に感覚が入ってしまい膣ナラが鳴ってしまうこともあります。

 

それにスムーズそばや後背位は基本的な体勢ですので遠退けるわけにはいきません。

 

パートナーといった協力してもらえる3つの膣ナラを防ぐテクニックを紹介します。

 

 

自分で感覚を抜く

陰茎を挿入するときに、ひとまず両足を閉じて、お尻に力を入れて下さい。

 

お尻に力を入れる結果、膣内に余地がなくなり、膣ナラの原因の感覚が押し出していただける。

 

 

ゆっくりと陰茎を挿入する

そうして陰茎の差し込み時もゆっくりして下さい。

 

ゆっくりと陰茎を挿入するといった、少しずつ感覚が押し出されるので膣ナラの音色も小さくなります。

 

また、ハイウェイでピストン運動をすると、急に感覚が押し出されるので膣ナラが鳴り易くなります。

 

 

奥まで陰茎を挿入する

ゆっくりと陰茎を挿入したら、初めて奥まで陰茎を挿入して下さい。

 

裏に溜まっていた感覚が断然追い越せるので後ろめたい膣ナラを防止します。

 

膣ナラが鳴り易いお客や膣ナラがなっていたたまれない狙いをしたくないお客は試してみてください。

 

>ラブグラの安全な通販はこれ<

 

ラブグラTOPへ