MENU

女性の性欲が伸びる年

女性の愛欲が伸びる時間

 

生理が終わってから排卵日の5日後半が女性の愛欲が一番上がる時間
生理タームが終わってから、排卵日の5日後半までのタームで男子を受け入れる対処が出来ているレディース期と言います。

 

こういうタームに、女性ホルモンエストロゲンの分泌が活発化され、本能的に女性の愛欲が高まります。モテる男性は、本能的にこの時期を見極める時に長けていらっしゃる。

 

排卵日5日後から生理フィニッシュまでのタームを、悪女期と言います。この時期は、女性ホルモンのプロゲステロンが高まりますので、逆に男子を受付けなくなる時間になります。こういった時間に女性は誘われても、その気にはなれません。

 

 

ストレスが溜まっているら愛欲が上がる
ヤキモキがたまるって愛欲が高まります。逆に、動作等でヤキモキを発散する女性は、愛欲は高まり辛いのです。

 

セックスで気晴らしをするために、要望が上がるのですね。

 

愛欲が当人は著しいと思っている女性でいたたまれないとしてしまうと、あたしは愛欲が手強いなんて照れくさいというヤキモキ→ストレスによる愛欲の高まり→内サイクルといった事が起こってしまうのです。

 

また、会心のいかないセックスだったシチュエーション、ヤキモキが止まり、さらなる愛欲を呼び寄せてしまう。

 

 

寂しさや人恋しさを感じるって、女性は愛欲が伸びる。
寂しさや単独感覚が強くなるって、やつは自然と客を勧めたくなるものです。

 

役割に失敗してへこんでいたり、失恋してしまって寂しくなって要る時間に、気持ちの無い男子から手厚くされたりすると、なんとなく抱かれてしまいたいということがあるはずです。

 

それは、寂しさや素肌恋しさから、自然と愛欲が上がるのです。

 

 

女性の愛欲といった満月の脈絡
女性の生理の循環といった月々の満ち欠けする循環は、共に28日リズムだ。

 

女性の愛欲が伸びる時間は、満月の時が多いと言われています。狼に気をつけろと言われていますが、女性が満月の時期には狼になるのです。

 

リカーを通じて伸びる愛欲
リカーが体に転じ酔っぱらうため、常々我慢しているあなたの要望を全体にだして貰える。

 

それは、普段は理性で抑えている要望を救済できるからです。お酒が入ったら愛欲が上がるのはこのためだ。

 

 

大人の女性になる事で、愛欲を上げる
・女性ホルモンのプロポーション
40年齢時分を境目に、女性の男子化が進みます。

 

これは、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少し、男子ホルモンのテストステロンの分泌が掛かることにあります。

 

そうなると、男子化する事で、愛欲において女性もストレートにつながる。もっと今までは理性で押さえ込んでいた愛欲がつよくなり、理性に打ち勝ち全体に出てくるのです。

 

一段と、女性はセックスの経験を重ねるため、再び濃い興奮を感じることが出来るのです。

 

さらなる興奮を欲する結果、愛欲が高まります。それに見比べ、男性は徐々にテストステロンの分泌が低下する事で、愛欲が衰えていくのです。
そうなると、父親では愛欲が会心出来ずに、違う男子へ走ってしまう。

 

そういった事からも、女性のアバンチュールが一番多いのは、40フィーという審査も出ているのは、自然態度なのかもしれません。

 

 

本能的な生殖注力の為に愛欲が伸びる
女性が受胎お産するには、お決まり40フィーまででしょう。又、高齢お産では色々なリスクが伴います。

 

そういう、子孫を残すという本能的な雑貨から、最後の生殖注力を行う為に愛欲が上がると言われています。

 

 

気持ち開きから愛欲が伸びる
受胎、お産、養育など、様々な経験を重ねるため、そういった事から開きされるため、本能に素直に生まれ変われるのではないでしょうか。

 

意識でばっかり考えてしまい、照れくさいといった精神から、理性で必ず解きほぐしこもうとするほうが、不感症などに向かう事があります。

 

ずっと、オープンに愛欲をさらけ出しても良いのです。それが自然のです。そういった気持を必ず制するため、プロポーションが取れずに体に症状が出てしまうのです。

 

>ラブグラの安全な通販はこれ<

 

ラブグラTOPへ